Kosai's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS あなたはドロドロ血!?? 〜血(けつ)について〜

<<   作成日時 : 2015/11/06 16:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

気・血・水の3つの調和が大切で、いずれかが過剰になったり、不足したり、巡りが悪くなると
人は不調が出てくるというお話しをしてきました。

画像


血(けつ)の異常には血虚と瘀血とがありますが
今日は瘀血についてのお話しです

「瘀血:おけつ」とは・・・。

東洋医学では古来より微小循環器系に着目し、微小循環障害を「瘀血」と表現してきました
(微小循環=毛細血管網とその輸入・輸出血管である細動脈、細静脈のこと)
「瘀」とは「停滞」という意味で、血が滞ったり、血の流れが悪く、よどんだ状態を指します

血液やホルモン(内分泌)を含む「血(けつ)」の流れが悪くなり
からだ中で血液が滞っているため、古い血が体内に留まっている状態です
女性は特に月経があるので、男性に比べると「瘀血:おけつ」が起きやすくなってしまいます

「瘀血:おけつ」は、どんな症状?・・・。

・ 目の下にクマが出やすい
・ 青あざができやすい
・ 肌のくすみ、シミ、ソバカスが気になる(特に目の周り、口回りが黒ずみやすい)
・ 日焼けのあとや傷あと、虫さされのあとが消えにくい
・ ニキビ、吹き出物、肌荒れ、湿疹などの肌トラブル
・ 慢性的に頭痛、肩こり、腰痛がある
・ 生理痛が重く、周期が遅れぎみ
・ 生理の経血量が多く、粘りがある。レバー状のかたまりがある

代表的な症状をPic UPしてみましたが、瘀血の診断基準(寺澤の瘀血スコア )があり
男女とも20点以上であると瘀血であると判断できます

表)瘀血の診断基準(寺澤の瘀血スコア)

画像

                                   (引用:寺澤捷年.症例から学ぶ和漢診療学/医学書院)

分かりづらそうな箇所はコメント入れてみました
ご自身でも是非チェックしてみてください!

その他、東洋医学では長い経験に基づいた医学体系なので口訣(くけつ)と言う
昔から言い伝えられていることがあるのですが
からだの左半身に症状が強い人は「血(けつ)」の不調があると言われています
「左の肩凝りは瘀血である」という口訣を聞くことがありますが
臨床で診ていましても瘀血タイプの方は左側に症状が強く現れていることが多いです!

皆さんは、いかがでしたでしょうか?

¨冷え¨からも瘀血につながります
あったか女子になって、血行をよくしておくことも予防の1つであります
(広済鍼灸院 スタッフより)
KOSAI Oriental Healthcare Center/広済鍼灸院

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

あなたはドロドロ血!?? 〜血(けつ)について〜 Kosai's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる