Kosai's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS With エイジング 〜生理が来なくなった後、女性が気をつけること〜

<<   作成日時 : 2015/10/07 15:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。
今回は、生理が止まった後のお話しをします

約40年もの間、毎月煩わされていた月経(生理的出血)
『煩わしさから解放されるわ〜』と気分が軽くなる方も多いのではないでしょうか?
ですが、喜んでばかりはいられない体の変化がいろいろ起こってくるのです。

女性は長年にわたり女性ホルモン(エストロゲン)の恩恵を受けてきました

◇ 子宮・卵巣・乳房の働きを活発にする
◇ 子宮内膜を増殖させて妊娠の準備を整える
◇ 自律神経のバランスを保つ
◇ 皮膚や粘膜(眼・鼻・喉・膣など)のうるおいを保つ
◇ 骨量を保持する
◇ 血管をしなやかにして動脈硬化を予防する
◇ 脳血流を増やして記憶・認知など、脳の働きを保つ
◇ コレステロールのバランスを整える

いやはや『女性ホルモン様様』と言った感じですよね
さてさて、生理が来なくなるということは、上記のような恩恵を受けられなくなるという事ですね
女性ホルモンが減ったことで起こる健康の不調と予防法をいくつかあげてみます

◆ 骨粗しょう症・・・骨の材料となる栄養素をしっかり摂る
◆ 生活習慣病(高血圧・高脂血症・糖尿病・動脈硬化)・・・減塩、規則正しい生活、適度な運動、十分な睡眠、脂肪分やカロリーを控えた食生活、炭水化物や甘い物を控える、食事のカロリーを抑える、禁煙etc
◆ アルツハイマー病・・・物忘れが激しくなったり、今までになかった異変を感じたらすぐに受診
◆ 皮膚の乾燥・・・保湿ケアをこれまで以上におこなう
◆ 尿失禁・・・骨盤底筋を鍛える
◆ 乳がん・・・動物性脂肪を控える、緑黄色野菜をたくさん摂る、イソフラボンを食事から摂る


なんだか凹んでしまいますよね・・・
ですが、ちょっと考えてみてください!
生理が止まってしまった後、体がどのように変化するかを分かっていれば、何に気をつけたらいいのか?も分かるってことです!

生活習慣や食習慣はすぐに変えられるのもではありませんし、即効果がでるものでもありません
閉経後に現れる症状はホルモンバランスの急激な変化が主な要因(原因)にもなってきます
「更年期における諸症状と鍼灸治療」でもお話ししましたが、緩やかに変化していく体にしておくとともに
「更年期がはじまったかな?」と感じ始めたら、生活習慣や食習慣を見直して少しずつ変えていくのがいいと思います

女性の平均寿命は86歳と言われています。
自分の体と向き合って、体からの声に耳を傾けて、40代50代60代と時を経ても
『生き活きオーラ』を発することができる女性でいたいですね!(美容鍼灸担当)

画像


更年期症状への鍼灸
KOSAI Oriental Healthcare Center/広済鍼灸院

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

With エイジング 〜生理が来なくなった後、女性が気をつけること〜 Kosai's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる