Kosai's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS あなたは鼻から?喉から? 〜秋と肺気について〜

<<   作成日時 : 2015/09/11 15:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは^^。
季節の変わり目だからでしょうか?電車の中でもぐしゅぐしゅしたり
咳き込んでいる方が多いような気がします。
皆さんは大丈夫ですか??

今日は気候も良くて過ごし易く、ご飯も美味しく感じる「秋と肺」についてのお話しです。

突然ですが・・・
韓国料理の石焼ビビンバを食べたこと、または、目にしたことがある方が多いと思います。
五色の色合いが鮮やかですよね〜。
『五色!??』
何の気なしに食べてビビンバでしたが
陰陽五行に当てはめられている
お料理だったんですね〜!!

 青 ― ほうれん草 ― 肝
 赤 ― にんじん ― 心
 黄 ― 卵黄 ― 脾
 白 ― もやし ― 肺  秋はここです!
 黒 ― 椎茸・のり ― 腎

美味しそうな石焼ビビンバの写真を載せたところで秋を迎えた体のことを少しお話しします

立っているだけでも汗が出てしまう暑〜い夏、体内の「水」は汗として発散させていました。
気温・湿度とも下がり、過ごしやすい気候となった秋、汗をかく量も自然と減っていきます。
汗で体がベトつかないし、女性にとってはお化粧くずれないし、
別にいいのではっ!?と思いますよね。それが、いいことばかりではないのです( T T )

汗をかかなくなる事で発散させなくてはならない「水」が体内で過剰になってしまいます。
また気温湿度が下がることで乾燥し始める秋。この変調は呼吸器系へ影響を及ぼします。
『燥』は肺が嫌う邪気なので、冷えて乾燥した空気を取り込むことで肺がダメージを受けてしまっているのです。
鼻水がでたり、喉がイガイガしたり、咳がでたりと秋の変調を受けた体は反応し表現してくれているんですよね〜
そうは言っても!季節が良いだけに、まぁ多少の風邪症状は気にならないものですよね^^;


石焼ビビンバのところで五行の『色』と『臓』のことを書きましたが
味も五つに分類されているので、それに関連して

秋 ― 肺に関連する味は「辛」です。
辛味は肺の気を発散・循環させる働きを活発にする作用をもたらします
辛いものを食べると汗がでやすくなるのは、このためなのです。

と、言うことは・・・

「水」が溜まった症状:鼻水や鼻づまり、また風邪を引いたときに顔がむくむ。
こういった方は、いつもより辛いものを意識して食べるようにして発散させるといいですね。

逆に

「燥」で肺がダメージを受けてしまった症状:喉がイガイガ、咳
こういった方は、辛いものを食べ過ぎると、余計カラダの中が乾燥させてしまうので
辛いもの大好きな方も少し控え目にした方がいいですね。
梨や大根(いずれも「白」い食べ物)などが燥き過ぎている体を潤してくれそうです。

ですが!!

肺にとって辛味は必要な味ですので、ほどほどがいいって事ですね。

「肺」は秋に働くと言われています。
秋の夜長で、ついつい夜更かしをしてしまい「気(エネルギー)」を使い過ぎでしまうと
本来「秋」に溜めておくべき「気(エネルギー)」を使いきってしまうことになります。
そうすると結果として
「冬」を元気に過ごせなくなり、
「春」に花粉症がひどくなるというレールに乗ってしまいます。

   肺気を高める = 体のバリア機能を高める

夏や冬に比べ、さほど気にならない秋ですが
秋の肺気もカラダにとっては重要なのですよね
「食べ物も美味しいし〜気候もいいし、ついつい夜更かししちゃうのよね」
その気持ちよくわかります!が!!!
秋の夜長も『ほどほど』にして、肺気を冬のために残しておきましょう!!

〜鼻から(水)タイプの1症例〜
気温・湿度とも下がり、冷たい風を吸ったとたん、くしゃみ・鼻水が止まらなくなる。
こういった方には、優しく丁寧に全身を鍼で刺激(散鍼)する治療が効果的です。

KOSAI Oriental Healthcare Center/広済鍼灸院

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

あなたは鼻から?喉から? 〜秋と肺気について〜 Kosai's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる